So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画の中では迷子になってるけど、実際は行方不明レベルの移動距離 映画『ジャージの二人』 [映画ロケ地紹介]

ジャージの二人 [DVD]

監督  中村義洋

出演  堺雅人  鮎川誠

長嶋有の小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化し、いまや視聴率男といっても過言ではない堺雅人が主演した作品。

仕事嫌いの父親と無職の息子との、ひと夏の山荘での日常を描いた作品ですが、中村監督お得意の『限定された場所』でのお話ですから、ピンポイントでロケ地に行くことができます。
ロケ地は群馬県の嬬恋村。

高原キャベツの産地として大変有名ですが、やはりココを有名にしたのは、野外ライブの聖地『つま恋』(静岡県掛川市)との連携でしょうか。
平成20年に『仲良し協定』を結んで相互に情報発信などをしていますが、関東圏の方には「つまごい」は高原キャベツの嬬恋村。関西以西の方にはライブで有名な静岡のつまごいというイメージですかね。

メインとなる別荘は、サンランド別荘地という別荘地の個人所有の山荘で、現在は取り壊されているそうです。

劇中、迷子になったりして意味も無く歩きまわりますが、どれも近隣にロケ地があり、迷子になって電話する湖はバラギ湖、散策で訪れる滝は古瀧。劇中登場したJRの万座・鹿沢口駅も同じ地区にあります。

とはいっても、劇中でも歩きまわってへとへとになるシーンが出てくるこの作品は、実際には歩いてロケ地めぐりをするには『決しの覚悟』が必要。
というか無理!。
山歩きが好きな方以外は、車で行きましょう。

最後にひとつ疑問を。
劇中、唯一携帯が通じる場所としてレタス畑が出てきますが、ここ、嬬恋村ですからもちろん本当はキャベツ畑。
なぜレタス畑という設定にしたのでしょう。
原作を読んでいないので知らないだけですかね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13

トラックバックの受付は締め切りました
RSS Feed Widget

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。