So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

主人公の想いが街並みに反映されている。そんな作品 映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』 [映画ロケ地紹介]

すーちゃん まいちゃん さわ子さん [DVD]


監督  御法川修
脚本  田中幸子
 
出演  柴咲コウ  真木よう子  寺島しのぶ

益田ミリの4コマ漫画を映画化。

30代半ばの独身女性3人のそれぞれの想いを描いた作品は、それぞれの暮らす部屋や街並みに、いろいろな想いが反映されていました。

特に、そのときの主人公の気持ちを表現している『坂道』は、ぜひどこの坂なのかを見つけ出したかったのですが、現在のところ見つけ出せていません。

もうひとつ、主人公の想いが映し出されていたのが商店街。
こちらは、最初のシーンで東急東横線の『学芸大駅』が大きく映っているため、その後の商店街のシーンは、その近隣の商店街だと思ってしまいますが、実は、メインとなる商店街は小田急線の相模大野駅近くの『大野銀座商店街』。

すーちゃんと まいちゃんが、夜の商店街を泣きながら自転車を二人乗りするシーンや、すーちゃんが自分らしさということを考えながら商店街を歩くシーンは、大野銀座商店街がほとんどで、映画の中ではある程度の時間が流れるため、冬の寒い季節に、1年分の景色を撮影したそうです。

それだけメインとして使われた大野銀座商店街なのですが、駅名が大きく映ったかからなのか、映画は『東急電鉄』とタイアップしてキャンペーンを展開。
チョッとだけ、大野銀座商店街がかわいそうな気もします。

そして、映画の中で一番多く出てくるロケ地。すーちゃんの働くカフェは、なんと六本木ミッドタウンの目の前にあるそうです。

『TIME512』というお店で、まさか、六本木にあれだけ緑がたくさんあるカフェが存在するとは驚きです。

最後に、すーちゃん まいちゃん さわ子さんが億ションのモデルルームに行ってはしゃぐシーンで使われたマンション。
ここ、別のテレビ番組で『夜景のきれいなマンション』として紹介された『シティタワー××××』ではないかと思いネットで画像検索してみたのですが、映画で映し出されたパンフレットのロビーの写真や窓から見える東京タワーなど、まったく同じ画像を見つけることができました。

とはいっても、ロケ地として公表さていない限り、確認のしようがないんでけどね…残念。




- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

トラックバックの受付は締め切りました
RSS Feed Widget

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。