So-net無料ブログ作成

歴史の映画は、名所旧跡巡りがオススメ  映画『のぼうの城』 [映画ロケ地紹介]

のぼうの城 通常版 [DVD]


監督  犬童一心  樋口真嗣
脚本  和田竜

出演   野村萬斎  榮倉奈々  成宮寛貴  山口智充

和田竜氏の歴史小説を映画化。
犬童一心と樋口真嗣の共同監督で、脚本は原作者の和田竜氏本人が書いています。

たっだ500人で、2万を超える石田三成軍と戦った成田氏の居城『忍城(おしじょう)』での攻防を描いたこの作品。

戦国時代の『水攻め』と言う特殊な戦を描いているだけに、撮影には広大なロケ地が必要になることがわかります。


広大なロケ地ということになれば、やはり選ばれるのは北海道。
苫小牧にある『勇払原野』という広大な湿地帯でロケが行われたそうですが、このロケに使用された土地の広さは、なんと東京ドーム20個分。

これだけ広いと、ロケ地をめぐるのもひと苦労かと思いきや、残念なことに、ここは原生林ということで、立ち入り禁止地区がほとんど。ロケ地を見に行くことはできません。

ただ、歴史物の作品のロケ地巡りは、実際の遺跡や跡地をめぐる方が、その時代を実感できたりしますから、この『のぼうの城』の場合ならば、実際の忍城があった埼玉県行田市に行くのが一番。

忍城は、現在博物館として復元されているそうですし、映画で石田軍が陣を構えているシーンは、同市の丸墓山古墳で撮影されたそうです。

また、忍城址は外堀址を利用した『水城公園』になっていて、水攻めの時に三成が造った“石田堤”が、現在でも残っているそうです。

名所・旧跡『忍城』  行田市


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
RSS Feed Widget

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。