So-net無料ブログ作成

捉え方は人(場所)しだい… [覚書]

昨日、近くの『ぷち観光地』へ行ってきたのですが、最近人気が出だした場所の為か、地元の対応がてんやわんやでした。

施設の入口には慌てて作った観光ガイドのコピーが置かれ、それだけで『場の雰囲気』を台無しにしていましたが、中も同様。

景観が話題になった場所なのに、ご当地出身の有名人ということで、現存の作家さんから歴史上の偉人までをごちゃまぜにした紹介ボードが無造作に立てかけられていて、もしこれでお饅頭が売られていたら目も当てられない状況になっていたことでしょう。

批判的な文章になってしまいましたが、これは、最近お役所仕事というものを痛感する機会が増えたのが原因かも。

東京都内の紹介パンフレットやイラストマップなどを集めた『東京は観光地です』というサイトを作っているのですが、各区の観光協会や役所へ出向く都度に感じる『お役所仕事』に、フラストレーションが溜まっているのかもしれません。

そういえば、toidemachiさんという方が書かれているブログ『戸出町と城端線のブログ』にも、こんな記事が載っていました。

[P.A.WORKS城端線ラッピング] 江ノ電&TARITARIロケ地視察

のんびり仕事をしている人もいれば、大慌ての人もいる。
それがお役所なんでしょうね。


トップ | フィルムコミッション紹介 | 映画紹介 | ここロケ地 | ロケ地ニュース | オリジナルロケ地マップ
- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -


イメージ戦略としてのロケ地誘致 [覚書]

これは、お隣韓国の話題ですが、自治体のロケ誘致の理由として、地域経済だけでなく「マイナスイメージが払しょくされる」というものがあるそうです。

博物館でのど自慢、裁判所でドラマ撮影!? 削除されています

確かに、裁判所などに親しみを持つことはありえませんが、自分たちの暮らしとかけ離れた存在であるべきではありませんし、市庁舎などは、本当なら親しみを持ってもらうべき場所ですからね。

ただ日本の場合は、お堅い場所の方は、『考えも硬い』ことが多いので、単純ではないでしょうけどね。


トップ | フィルムコミッション紹介 | 映画紹介 | ここロケ地 | ロケ地ニュース | オリジナルロケ地マップ
- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

忘れがちなこともしっかりな学べます [覚書]

隠岐の島フィルムコミッションのみなさんが、東京研修に行かれたことをブログに書かれていましたが、その中にとっても重要な言葉を発見したので覚書。

ロケハン、道路使用許可申請、ロケ立会。
このあたりは忘れないのですが、『原状回復』これがつい忘れがち。

元に戻そうにも、元をしっかり記録していないと、元には戻りません。

意外と盲点ですね。

フィルムコミッションは次の段階へ [覚書]

最近、二つのフィルムコミッションに関する記事を読み、大きな違和感を覚えたので一言覚書を。

その記事自体に間違いはないので、特定することはしませんが、ひとつは、フィルムコミッションという言葉自体を使わずに、地方でのロケ受け入れ体制の充実というような内容がか書かれている文章。

これは、いかにフィルムコミッションという言葉やシステムが社会に認知されていないかということを表していて、まだまだフィルムコミッションが、自分たちのこと自体も情報発信しなければいけないというのを教えてくれています。

そしてもう一つが、フィルムコミッション自体の考え方(定義)。

フィルムコミッションは、JFC(ジャパン・フィルム・コミッション)のような大きな団体ですら、『フィルムコミッションは公共団体』というような定義を掲げているため、そのまま、その定義が正しいかのような形で紹介されています。

しかし、もともとフィルムコミッションに法的な定義がある訳もなく、実際にNPO(特定非営利法人)として立ち上げるフィルムコミッションも多く、フィルムコミッションではありませんが、庄内映画村桜田門外ノ変 映画化支援の会のような活動も、フィルムコミッションを語る上では重要な活動のはずです。

それだけにとどまらず、地方にとっては地域活性化という意味を持つ『ロケ』も、都市部では、ある意味『迷惑行為』として受け止められることすらあり、商店街で『休業補償』などという話になるのは特殊なことではありません。

このようなことを考えたとき、ステレオタイプの説明しか出てこない『フィルムコミッション』に対する認知は、フィルムコミッション自体が働きかけて変えてゆく時に来たのではないでしょか。

毎月のように新しいフィルムコミッション設立のニュースが流れる今だから、「フィルムコミッションって何?」というのは重要なような気がします。

フッターあれこれ [覚書]

東京ロケ地マップバナー
フィルムコミッション_オリジナルロケ地マップバナー




街歩きバナー



-----------------------------------------------------------------------------

街フッター
フィルムコミッションチケット作成のチケットハウスかんばん図鑑googleマップ探検隊お散歩イラストマップ東京フェスティバル




-----------------------------------------------------------------------------

映写機フッター
フィルムコミッション劇場地図を描こう劇場のある街がん治郎とたろくろのマップハウス




-----------------------------------------------------------------------------

基本
トップ | フィルムコミッション紹介 | 映画紹介 | ここロケ地 | ロケ地ニュース | オリジナルロケ地マップ
- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -




-----------------------------------------------------------------------------

映画用



トップ | フィルムコミッション紹介 | 映画ロケ地紹介 | ここロケ地 | ロケ地ニュース | オリジナルロケ地マップ
- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -



トップ | フィルムコミッション紹介 | 映画ロケ地紹介 | ここロケ地 | ロケ地ニュース | オリジナルロケ地マップ
- 東京のドラマロケ地を紹介しているだからドラマはおもしろい - 東京で劇場へ出かけるときは劇場マップの旅 -


RSS Feed Widget

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。