So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ロケ地修学旅行も定番化しつつあります [ロケ地ニュース]

修学旅行の想い出.jpg

最近では修学旅行のコースに映画ドラマのロケ地が入るのが珍しくなくなってきました。

小倉でもロケ地修学旅行 「MOZU」「図書館戦争」 場面ありありと 施設「実在」に驚き 和歌山の高校生 西日本新聞

そんなときのためにもロケ地マップや、ロケ地を記入してある観光マップがあると便利なんですが、全国のロケ地マップや観光マップを集めているんですが、まだその類は見たことありませんね。


映画と街と地元の人が協力すると、こんなことができるようです [ロケ地ニュース]

横浜.jpg

すでに終了したクラウドファンティングですが、「ハードボイルドなヨコハマ」を取り戻そうと有志が結集し、イベントを開催したようです。

その名も『あぶない刑事を作り上げた男たちの、あぶない話』。

横浜が舞台のアクションドラマが製作され始めたのは1970年代後半。



大追跡』『プロハンター』そして『探偵物語』と徐々にハードボイルなヨコハマのイメージはできあがり、1986年に『あぶない刑事』でその集大成を迎えます。

しかし、バブルがはじけて日本に元気がなくなってからは、そんなヨコハマのイメージは無くなって行き、今では港町横浜という、使い古されたような観光地としての印象しかなくなってしまいました。

だからこそということなのか、そのころの活気を取り戻そうと立ち上がった任意団体『ハードボイルドヨコハマ』のメンバーが、このイベントを企画したそうです。

1月9日、横浜の関内ホールであぶ刑事ファンを招いて開催されたイベントでは、、監督の村川透に脚本家の柏原寛司。カメラマンの仙元誠三にカースタントの竹内雅敏という制作陣と、あぶ刑事に出演している伊藤洋三郎、長谷部香苗がゲスト出演。

制作の裏話や横浜でのロケの話で大いに盛り上がったそうです。

ロケ誘致での経済効果や聖地巡礼のロケーションツーリズムの話になると、どうしても自治体頼にという感じになりますが、地元の方が積極的にかかわれば、さらなく効果が期待できるようですね。
タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

がんばれ 富士すそのフィルム・コミッション [フィルムコミッションガイド]

グラフ.jpg

2014年に発足した富士すそのフィルム・コミッションの経済効果を、静岡新聞が取り上げています。

裾野市のフィルムコミッション、経済効果が前年度超!

まだ、発足したばかりで、特に首都圏に近い地域は競争も激しいですからまだまだ険しい道のりでが、それでもいい感じで活動されているようですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

北陸新幹線の経済効果はこんなところにも [ロケ地ニュース]

北陸新幹線 かがやき.jpg

北陸新幹線開業してもうする1年が経とうとしています。

北陸新幹線開業以降のマスコミの北陸押しはなかなか強力でしたが、その経済効果はいろんなところに出ているようで、読売新聞の石川県版にこんな記事を発見しました。

県内でロケ続々 新幹線開業、追い風に YOMIURI ONLINE

連続テレビ小説「まれ」の舞台が輪島市となったことから、すでに上昇の兆しを見せていたロケ誘致件数は、2013年度52件から、14年度は140件と約3倍に伸びたそうで、現在も好調を維持しているそうです。

北陸が話題ということでCMや旅番組が増えるのは予想できたことでしょうが、それ以外にもアニメやマンガと多方面で人気を博しているようで、県の観光課やフィルムコミッションは予想外の問い合わせでてんてこ舞いでしょうね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ロケ支援とまちづくり まさにフィルムコミッションの命題を語らフォーラム開催 [フィルムコミッション紹介]

映画「人生、いろどり」から学ぶ ロケ支援とコミュニティビジネスによるまちづくり

なんとも長いタイトルですが、さがみはらフィルムコミッションが昨年の10月に設立10周年を迎えましたのを記念してのフォーラムで、内容は、映画の上映とトークセッションだそうです。

参加費は無料だそうですので、興味のある方はぜひ。
※申し込みは上記のリンク先にフォームがあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

信州上田真田丸大河ドラマ館 オープン [ロケ地ニュース]

年のはじめに出てくるドラマ話題といえばNHKの大河ドラマに関して。

今年は、三谷幸喜脚本、堺雅人主演の「真田丸」が放送されますが、主人公真田幸村ゆかりの地「信州上田」のフィルムコミッション『信州上田フィルムコミッション』。


ともかく、活動の活発さでは全国でも指折りのフィルムコミッションですから、ネット上の特設サイトだけでは飽きたらず、なんと「信州上田真田丸大河ドラマ館」という実際の施設まで作ってしまい、今月17日にオープンしたそうです。

とはいえ、もちろん施設は旧公民館を活用し、運営も上田市が担当するのですが、間違いなくこの企画を主導しているのは信州上田フィルムコミッションのはず。
※ごめんなさい希望的観測で素。

撮影で使用するセットや出演者が着用した衣装などを展示してあり、開館式典には主演の堺雅人やって来たそうです。

開館期間は来年1月15日まで。
入場料は大人(高校生以上)600円、小中学生300円となっているそうなので、近県の人は、ドライブがてらお出かけしてはどうですか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

被害を逆手に取るくらいの強さを見せてください 常総フィルムコミッション活動再開 [フィルムコミッション紹介]

9月におきた鬼怒川の堤防決壊で甚大な被害が出た茨城県常総市。

ファイト.jpg

ここ常総市の常総フィルムコミッションは、茨城県内ではNo1の撮影数を誇るフィルムコミッションだったそうですが、街もやっと平穏を取り戻し、常総フィルムコミッションも活動を再開したそうです。

常総フィルムコミッションが活動再開 よみがえれ!「ロケの町」 産経新聞

災害があると、どうしてもいろんな部分で委縮しがちですが、災害にあった街には、そこでしか撮影ができないようなものもあるはずです。

こんな時は、災害を逆手に取るくらいの図太さを見せて、今までに倍する撮影を誘致してほしいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

こんな時こそ、フィルムコミッションの腕の見せ所 [ロケ地ニュース]

俳優のオダギリジョーが、アパート経営プラットフォームサイトのCM発表会に出席。
そこでのインタビューに、とても興味深いシーンに関して語っていました。

オダギリジョーが語った“理想のアパート像”とは?

オダギリジョーがロケ現場に着くと、同じ場所で西島秀俊もロケをしていたそうです。

同じ場所でロケが重なるという偶然は、まったく考えられないことはありません。
東京大阪などでは、フィルムコミッションを通さずにロケをすることも多々ありますし、地方の場合は、市と県とでフィルムコミッションがかぶっていたりすて、うまく連携が取れていないと、ロケが鉢合わせということも十分考えられます。
他にも、県境のような場所でもこんなことが起こるこ可能性はあるはずで、こんな時こそ、フィルムコミッションの『コーディネート力』が試されるのです。

青島刑事ではありませんが「事件は現場で起きている」んですから、現場にいる人間は、どんな状況にも対応できるように準備しておく必要がありますよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

名古屋は、ロケ地として今ノッていますね [ロケ地あれこれ]

>なごや・ロケーション・ナビの方へのインタビュー記事を発見。

ロケ地名古屋の魅力とは? FC関係者に聞くロケ事情 THE PAGE

現在公開中の『劇場版MOZU』もそうですが、最近は名古屋のでのロケも増えてきて、北九州神戸の両巨頭を脅かすほどの存在になっていますね。

名古屋では年間90件近いロケが行われているそうですが、なごや・ロケーション・ナビの方も言われていますが、「作品の規模」がフィルムコミッションにとっては最大のポイント

準備のロケも大変な分、宣伝効果も大きいですからね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロケ地の活用法と期間限定のもつ意味と バルトの庭閉園 [ロケ地ニュース]

古い記事ですが、映画『バルトの楽園』でロケセットとして使用され、その後、日本度とドイツの交流記念の場として公開されていた、徳島鳴門市にある『バルトの庭』が閉演されたそうです。

鳴門市のバルトの庭が6日に閉園 徳島新聞

もともと期間限定での利用だったそうですが、年間約1万人が訪れる観光施設となったために、そのまま存続していたようです。

ロケ地の活用は、新たな観光資源として今注目を集めていますが、存在意義と観光資源としての魅力とがそろっていて初めて意味を持つのではないではと思いますから、もし、役割を終えたと思えるのであれば、閉園は仕方ないことなのでしょうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
RSS Feed Widget

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。